東海地方の鍵修理業者に特化したサイトとなっています。

MENU

鍵を紛失した際の取るべき行動は次の2つがあります。

 

  1. 目の前にある問題を解決する
  2. 防犯対策を講じる

 

鍵をなくすシチュエーションは様々なものがあります。
東海エリアの鍵開け駆け付け業者の利用者の口コミを見ると、次の内容が多かったです。

 

  • 家の鍵をなくして家に入れない
  • 家の中で家の鍵をなくして閉められなくなった(合鍵もない)
  • 車の鍵をどこかでなくした
  • 車の鍵をインロックした
  • 大切なものが入った金庫の鍵がなくなってあかない(暗唱番号を忘れた)

 

困っている女性

家や車など生活に必要不可欠なものであれば、早急に対処しなければいけません。
鍵開けの駆け付け業者がスピード対応に力を入れているのは、こうした緊急事態のお客さんを助けるためです。
なかには、家のなかで鍵をなくしてどうしても見つからないといった相談もあります。

鍵の紛失防止キーホルダーとは?

 

多くの方は家の鍵を開けっ放しで外出してしまいますが、防犯の観点で非常に危険です。

 

最近では、他人が家に忍び込んで、面識のない人を刺し殺したなどと物騒なニュースも増えていて、鍵をあけっぱなしにすると、なにかを盗まれた心配よりも帰宅するときに家に不審者がいないかといった不安から早急な対処をする利用者も増えているようです。

 

 

また、鍵を紛失した際に業者に対処してもらう方法は、

鍵穴から同じ鍵を作成する方法

鍵シリンダーを丸ごと交換する方法

があります。

 

どこで紛失したか分からない場合は、極力シリンダーごと鍵一式を交換しましょう。
万が一、紛失した鍵を拾った人が、鍵の持ち主や用途(どこの鍵なのか)を把握していると悪用される可能性があります。(詳しくは紛失した鍵の悪用ページへ)

泥棒

 

さらに警戒した話をすると、紛失した鍵がその後みつかっても、実は第三者が一時的に盗んで合鍵を作製していた可能性もあります。
繰り返しますが、鍵の紛失リスクは泥棒に入られるだけではなく、殺人や傷害などの凶悪犯罪の被害に遭うリスクもあるのです。

 

車のインロックや暗証番号式の金庫で、番号を忘れただけであれば、鍵開けのみの対処でも問題ありません。

 

ここまでのまとめ
  • 鍵を紛失した際は、鍵をあけるなど目の前の問題だけではなく防犯対策も考える
  • 状況に応じて、なるべく鍵のシリンダー交換で対応する

 

 

鍵開け駆け付け業者を呼ぶ

問い合わせイメージ

鍵を紛失したら、すぐに鍵開け駆け付け業者を呼びましょう。
お住まいの地域によって、利用できる業者は違いますが24時間365日対応してくれる業者も多数あります。
鍵開け・紛失トラブルはココ!今すぐ出張OKの救急業者まとめ

 

緊急時は電話で問い合わせをして、出張対応まで時間がかかるようであれば、一度依頼を保留して違う業者にもあたってみるようにしましょう。

 

紛失を機に防犯対策を強化する

家の鍵は何十年も昔から同じ物を使っている人も多いのではないでしょうか。
鍵もいろいろと進化しているのをご存じですか?
電子制御を使うような大掛かりで効果な鍵や防犯システムが多数登場しているのは、ご存知の方も多いと思います。
こうした大掛かりで高価な最先端の鍵だけではなく、使い方は従来の鍵と大きく変わらないですが、鍵の内部の構造が複雑でピッキング(泥棒が針金などで鍵をかえる行為)を防止する鍵も現在は様々な種類のものがあります。

 

平凡で単調な昔ながらの鍵の場合、プロの泥棒の手にかかれば数秒程度で開けられてしまう事もあります。
そんなにすぐに開くのなら、鍵を持っている意味がありませんよね?
紛失した鍵を悪用される可能性がなくても、鍵業者を呼ぶついでに防犯タイプの鍵シリンダーに交換を検討してみる価値もあるでしょう。

 

鍵開け駆け付け業者を呼ぶときは次のポイントを考慮しましょう。

 

  • 鍵がない事で一刻を争う状況は何よりもスピード対応を重視して業者を選ぶ
  • 少しだけでも時間に余裕があれば、料金も比較してみる
  • 業者を呼んだ時は、現在の鍵の防犯性の高さや、最新の防犯鍵シリンダーに交換した場合の費用も併せて聞いてみるとよい