補助錠が設置されていることが一目瞭然であると、さらに防犯効果を高めます。

MENU

補助鍵で防犯性をアップ

鍵交換をするにはコスト的な問題がネックになりますが、補助鍵取り付けであれば、商品にもよりますが低価格で対処できます。
自分でも取り付けることができて、通販で安く買える商品が多数あります。
防犯性能で不安がある場合は補助鍵の導入を検討してみてください。
売れ筋商品と補助鍵をつけるメリットを紹介します。

 

用途に応じて補助鍵をかける

補助鍵のデメリットは、通常の鍵とは別に鍵の開錠・施錠を行うため手間が大きいことです。
空き巣被害で懸念しないといけないのが、旅行、出張、帰省など長期間家を空ける時です。
普段の買い物など短時間の外出はメインキーのみで対応して、長期間不在にする時だけ補助鍵を施錠する方法でも十分効果はあります。

 

玄関の補助鍵は付いているだけで防犯効果がある

防犯対策のできている玄関

補助鍵の大半は玄関の外側から補助鍵の付いていることが分かるようになっています。
施錠しているかや突破する難易度を問わず、泥棒から見れば補助鍵の付いている家は防犯意識が高い印象を持ちます。

 

安く売っている補助鍵はピッキングや破壊など、その気になれば突破するのは難しくありません。
しかし、防犯意識の高い家は侵入できても金目の物が隠されていたり、防犯性能の高い金庫にしまっていたりすることを懸念します。
結果的に簡易的な補助鍵を付けているだけで、空き巣のターゲットにされるリスクを軽減できます。

 

補助鍵を付けてみたけど、面倒で施錠したのは最初だけで常に開けっ放しという場合でも防犯効果はあります。
玄関に鍵が1つしか付いていない場合は、ダミーシリンダーを両面テープで貼り付けるタイプを使って、ワンドアツーロック式に見せかけておくだけでも防犯効果があります。
ほかにもダミー用の防犯カメラや警備中のステッカーなども効果があり、防犯対策ではハッタリも効果的です。

 

補助鍵の人気はナンバーロックタイプ

ナンバーロックタイプの補助鍵

シリンダータイプになるとメインキーと補助鍵で鍵を2種類持ち運ばないといけません。
キーホルダーでセットにすれば、補助鍵だけなくすことはないですが、鍵がかさばってしまうデメリットがあります。
そこで補助鍵の主流になっているのが、鍵を持たずに番号を押すだけのタイプです。
プッシュボタンのアナログ式の人気が高く、購入や設置の費用が安いです。
アナログ式のナンバーロックは、いつも押している番号だけ手垢がついているなどの理由で簡単に突破されてしまうことがあります。
メインキーとしては防犯性能で不安がありますが、補助鍵として活用するには十分です。

 

補助鍵は空き巣が家に侵入するための時間を稼ぐことと、防犯意識の高さをアピールしてターゲットにされることを回避するのが主な目的です。
鍵を突破できるかどうかはそこまで重要ではありません。
一戸建てで敷地に入る門がある場合は、ナンバー式の南京錠や自転車用のチェーンロックなどで門を開けられないようにしておく方法も効果的です。