賃貸物件で鍵交換をする場合、いろいろな問題が起きる可能性があります。

MENU

賃貸物件の場合の鍵交換

 

賃貸物件の場合の鍵交換は注意点が多いので注意してください。
賃貸物件ならではのポイントは次の通りです。

 

  • 入居契約する前に鍵交換の有無、費用負担を確認する
  • 交渉することで大家負担で鍵交換をしてもらえるケースがある
  • 電子キーなどへの交換は契約や建物の規約で禁止されている場合がある
  • 入居後の鍵交換は大家や管理会社への許可を取っておくと無難
  • 紛失時にシリンダーキーへ交換する場合は事後報告で問題ないことが多い

 

賃貸式の集合住宅

賃貸物件の場合、前住人が退居する際に鍵を回収していますが、合鍵を作っているケースがあります。

 

前住人が合鍵を使って不法侵入される恐れがあるので、退居して住人が入れ替わる際は鍵交換をすることが一般的です。
賃貸契約を結ぶ前に鍵交換および費用の有無を確認しておくようにしてください。

 

契約前のタイミングであれば、交渉することで大家負担で鍵交換をしてもらえる場合があります。

 

鍵が指定される場合も

 

集合住宅の賃貸物件は大家の意向や建物の管理組合による規定で、電気キーダブルロックを禁止されていることがあるので注意しましょう。
賃貸物件で鍵交換をする際のルールは以下のパターンがあります。

 

  • シリンダーキーを条件に自由に交換できる
  • シリンダーキーなら自由に交換できるが報告が必要
  • 電子キーや増設(ダブルロック・補助キー)を含めて自由に交換できる
  • 原則、指定された鍵業者を使う(自分で交換することが禁止)
  • 電子キーや補助ロックを認めるが、退去時に元の状態へ戻すことが条件になる

 

賃貸物件で鍵交換が必要になった場合は、まずは管理会社へ連絡して確認を取っておくと無難です。
深夜や管理会社の定休日に鍵を紛失した場合は、鍵開け業者を呼んで交換による対処をしても問題ありません。
この場合はシリンダーキー以外の設置を控えて後日報告を入れておくと無難です。

 

鍵を指定される理由

 

一部の賃貸物件で鍵交換の制約を受けるのは主に次の理由があります。

 

  • 分譲マンションの管理組合の規約で定められている(玄関のドアは共有部分の扱い)
  • 管理会社が緊急時の対処を目的にスペアキーを管理している
  • 一戸だけセキュリティが高い鍵に交換されていると、他の部屋の住人からクレームが入る恐れがある
  • 電子キーは次に入居する人から嫌がられることがある
  • 自分での鍵交換や穴開けを伴う増設はトラブルリスクが高い

 

賃貸住宅では認められにくいカードタイプの鍵

このように、鍵を指定される理由は複数の理由があります。
規約違反に該当することであっても、大家の判断によっては認められるケースがあります。

 

セキュリティ強化を目的にディスクシリンダー錠からディンプルシリンダー錠へ交換する程度であれば、高い確率で認められるでしょう。
管理会社がスペアキーを管理している場合は、鍵交換した際に住人負担でスペアキーを作って管理会社へ渡さないといけない場合があります。

 

この場合は、鍵の種類によって合鍵作成費用が高額になるので注意してください。