オートロックつき物件の鍵を紛失するリスク、交換コストは高いです。

MENU

オートロック付き物件の場合の鍵交換

 

エントランスなどの共用部分にオートロックがある物件の場合は、鍵を紛失しないように注意してください。
合鍵を作っておいて、紛失をしても家の玄関さえ開けられれば対処できる環境を作っておくことをおすすめします。

 

自家用車の中や職場などに合鍵をストックさせておいてもよいでしょう。
紛失して悪用される恐れがある場合は、住人負担でオートロックの鍵交換を行い、全住居分の鍵費用負担を求められるケースがあるので注意してください。

 

オートロックの目的

 

オートロック式のマンション

オートロック付き物件は、泥棒やストーカーなどが不正に建物内へ侵入しないことを目的に設置しています。
一部で番号を入力してオートロックを解除できるケースもありますが、防犯上の観点からシリンダーキーを使って開錠する方式が主流です。

 

新築分譲マンションでは鍵を差し込まずに持っているだけで鍵が自動で開錠される電子キーを導入するケースが増えています。
(車のスマートキーのようなものです)

 

シリンダーキーを差し込むタイプでは、全住人が同じオートロック用の鍵を使用することになり、鍵交換が必要な状況では全住人分の鍵を新しくしないといけません。
家にいることが少ない住人もいるため、極力交換をせずに対処するケースが多いですが、交換するかどうかは管理組合の判断になり、決定が下されれば住人の意見・要望で覆すことが困難です。

 

多くのケースでは紛失しても鍵交換をせずに一定期間様子を見て、不法侵入者が現れる状況へ発展してから交換する流れになります。
この場合でも過去の紛失履歴等を理由に交換費用を請求される恐れがあるので注意してください。

 

オートロックの鍵を紛失した場合

 

オートロックの鍵を紛失した場合は以下の方法でオートロックを突破して建物内に入ります。

 

  • 他の住人の出入りを見計らってオートロックを突破する
  • 一時的に非常口のドアや塀をよじ登って建物内に侵入する
  • 家にいる家族や仲の良い住人へ連絡して助けを求める
  • 管理人室のインターホンを鳴らして開けてもらう
  • 管理会社へ連絡して開けてもらう
  • 鍵開け業者を呼んで開錠してもらう(主に深夜や総戸数の少ない物件)

 

鍵を紛失してうろたえる女性

真っ先に管理人か管理会社へ助けを求めようとする方が多いですが、前述で紹介した通り安易な考えで報告することで高額な鍵交換費用を請求される恐れがあります。
家の中に合鍵がある場合は、とりあえずオートロックを突破してから鍵開け業者を呼ぶなどして自分の部屋の鍵開けだけで対処すると良いでしょう。

 

非常口や塀をよじ登るなどの行為をした場合、防犯カメラに映って後日事情を説明されるリスクがありますが、家の中に鍵を忘れたなどの言い訳をすれば対処できます。
オートロックの合鍵がない場合は、管理人や管理会社へ報告することでマスターキーをベースに合鍵を作ってもらえますが、紹介している通り報告した理由で鍵交換費用を請求される恐れがあることを認識しておいてください。

 

鍵業者を呼んで鍵穴から鍵交換をお願いした場合でも、住人からの苦情や防犯カメラの映像でバレる恐れがあります。
合鍵がないのであれば、素直に管理人・管理会社等へ報告する方法が無難です。

 

鍵開けと交換

 

オートロックの鍵は、玄関のドアに比べて重要性が低いことと、全住居分の鍵が必要になる問題からピンシリンダーやディスクシリンダーなど簡易的な鍵を使っていることが多いです。
紛失によって鍵がないとどうしても建物内へ入れない場合は、鍵開け業者を呼ぶことで簡単に対処できます。
簡易的な鍵を使っている場合であれば、大半のケースで鍵開けの最低料金で対処してもらえるでしょう。

 

>>鍵の種類とは?詳しく解説中

 

オートロックの鍵交換をする場合は、必ず管理会社・管理組合の指示に従ってください。
玄関ドアの鍵であれば大きさが同じことを条件に汎用性がありますが、オートロックの鍵は大きさが同じでもメーカーの指定された型番でないと付けられないケースがあります。

 

自分で鍵開け業者を呼んで勝手に鍵交換する行為そのものに問題があるため、独断での鍵交換ではなく業者の手配や種類の選定を全て管理者へ任せるようにしてください。
オートロックの場合は社外品ではなく、オートロックシステムのメーカー純正品で鍵交換する方法が一般的です。